家事調停の手順

夫婦関係に問題が生じたら、婚姻関係そのもののみならず、生活費のことや子どものことなどについてもいろいろとトラブルになってきます。もちろん、当事者間の話合いで解決すれば一番よいのですが、どうしてもそれが難しい場合には家事調停に頼ることになります。これは家庭裁判所において行われるものであり、裁判官と調停委員が当事者双方の話を聞きながら適切な解決策を探っていくというものです。
まずそのような調停手続を行うためには家庭裁判所のその申立てをする必要があります。調停申立書にどのような調停を求めるのかを具体的に記載し、これを家庭裁判所に提出することになります。その後、相手方を呼び出した上で調停期日が実施されることになります。もちろん申立人も調停期日には出頭する必要がありますが、基本的には相手方と顔を合わせないような配慮がされています。
調停期日においては主に調停委員が当事者双方から言い分を聴取して、その意見の相違を調整していくことになります。もちろん、調停期日は何度でも実施されることがありますが、話合いが付くような場合には調停調書という形でまとめられることになり、それぞれがそれに従って義務を履行することになります。調停が成立しなければ、審判等に移行して裁判官の判断がされることになります。

Comments are closed.