民事調停の手順

民事調停とは日常生活における身近なトラブルを、訴訟のように原告と被告という形で法廷で争うのでなく、調停委員会がお互いの意見や助言を聞きながら仲介することにより、トラブルを円満に解決する方法です。調停は交通事故や不法行為、近隣関係などを扱う一般調停と特定調停があります。
一般的な手順としては、まず申立相手の居住管轄にある簡易裁判所に調停申立を行います。その後裁判所から調停日時が記載された呼出状が両者に通知されます。そして調停期日がきたら話し合いがはじまります。調停委員会は、裁判官1名と調停委員2名以上で構成され、お互いの言い分を聞き調整を計っていきます。その後合意に至れば調停成立となり、調停調書が作成されます。合意に至らない場合には調停不成立となり終了します。
この裁判には次のようなメリットがあります。申し立て手続きが簡単で調停終了まで自分で行うことができます。簡易裁判所の受付にトラブルに応じた定型申立書が設置されており、書き方の説明を受けることができます。また訴訟に比べて費用が安価で、調停の多くが3回以内で終了するため、解決に至るまでの期間も短いです。また調停は非公開で行われ調停委員にも守秘義務があるので、プライバシーが守られます。

Comments are closed.