民事調停をする利点は?

まず、簡易裁判所の受付にトラブルに応じた申立書が備えられており、その書き方の説明が受けられるため専門的な知識を必要とせずに調停終了まで自分で出来るということです。
それに、申し立てをする際の手数料が安く、例えば100万円未満の争いの場合5000円ですむことです。
もちろん対象額に制限はありません。
次に、申し立てから解決までの期間が短いということで、およそ3ヶ月以内で調停の多くは3回で済むということで精神的な負担も軽いということです。
一番大きなメリットは、争った双方の意思に基づいた合意内容は、裁判の判決と同じ効力を持っているということです。
また、争う相手と会いたくない場合は調停委員が変わりに個別対応をしてくれるということです。
調停は公開されずに行われるため、プライバシーも守ることが出来ます。
さらに、申し立て書式一覧を裁判所のホームページから書式や記載例もダウンロードできるため、初めてでも簡単に申立書の作成を行うことが出来ます。
上記のように民事調停とは、裁判とは違い話し合いでトラブルを円満に解決し、厳格な手続きではなく柔軟な手続きのもとで時間や費用をかけずに解決をするという目的がありそれが申立て者のメリットに繋がることができます。

Comments are closed.