サラ金やクレジットの返済の解決策

サラ金や信販会社、銀行からの借り入れが膨らんで、返済することが困難に陥った、いわゆる多重債務の問題については、債務整理をすることで解決することができます。
債務整理の方法には、任意整理、特定調停、個人再生手続、自己破産手続の4つの方法があります。
任意整理とは、裁判外で各債権者と個別に和解交渉をして合意する手続です。
特定調停とは、裁判所に申し立てをして、裁判官を交えて、各債権者と和解交渉をして合意をする手続です。
任意整理も特定調停も、各債権者と個別に合意をすることは同じですが、異なっている点は、特定調停をした場合には調停調書というものが作成されます。調停調書は、債務名義と呼ばれるもので、仮に調停調書に記載された条項通りに返済を行わなかった場合には、給与の差押え等の強制執行をされる可能性があるということです。
個人再生手続は、借金全額を返すことができない場合に、返済する金額を圧縮してもらい、借金の一部を返すことによって、残りの借金を免除してもらうという手続です。住宅ローンを抱えている人が、住宅を取り留めるために住宅ローンは全額を返して、他の借金を圧縮してもらうということができるということが特徴です。
自己破産手続は、全ての借金を全額免除してもらうという手続です。ただし、税金等の免除されない借金もありますので注意が必要です。また、借入の理由がギャンブル等の理由であった場合には、借金が免除されないこともあります。
個人再生手続も自己破産手続きも裁判所への申し立てが必要な手続です。

Comments are closed.