特定調停の手順

多くの金融機関からお金を借りていて、その借金が返せなくなった時は債務を整理することになリます。
借金を整理する方法は色々ありますが、裁判所を使ったやり方があります。
それは裁判所に調停を頼むタイプの整理方法で特定調停と呼びます。
この方法は弁護士に依頼をしないので、手続きをすべて自分でやる必要があります。
手続きの方法はまず必要な書類を作り裁判所に提出します。
それが受理されると確認の書類が送られてくるので、書類のコピーをお金を借りている相手に送付します。
そうすると相手は借金の取り立てができなくなります。
その後調停のための呼出状が裁判所から送られてきます。
そして呼出状に書かれている期日に裁判所に行って、借金の問題を話しあうことになリます。
ただ最初の呼び出しでは裁判所の人と相談をする事が多いので、最初から債権者と話し合うことは少ないです。
そして次の呼び出しでは債権者も呼ばれて、お互いに借金をどうするのか話し合うことになリます。
ここで取り決めが成立すれば借金の減額をする事ができます。
ただしこの取り決めには裁判の結果と等しい効力があるので、返済が滞るとすぐに差し押さえが可能になリます。
そのため借金の話し合いをする時は、ある程度余裕を持った返済計画にしたほうがよいです。

Comments are closed.