特定調停をする利点は?

借金で首が回らないという話を聞くことがあります。ほとんどは冗談の場合が多いのですが、中には本当に借金の整理が必要な人もいます。
何故なら、借金には基本的に利息が付いてきますから、返済が延びれば借金の額がどんどん増えて返済が不可能となるからです。
例えば300万円を年利15パーセントで借りた場合は、年に45万円の利息になります。
つまり、単純に年に45万円以上は返済しないと借金は増えていく計算になるわけですが、なかなか返済するには大きな額です。
そこで、どのように借金の整理をするのかが問題になるのですが、自分で借金の整理をするのは簡単ではありません。
利息なしでお金を貸してくれるような家族や親類がいれば問題ないでしょうが、そうでない場合は、貸し手と自分で交渉することになるからです。
しかし、実は自分で貸し手と交渉しなくてもよい方法があります。それが裁判所の特定調停を利用する方法です。
これは裁判所の調停手続の一つで、裁判所に貸し手と借り手の双方を呼び出し、調停委員と呼ばれる人が間に入って、借金の返済方法について協議する手続です。
この手続は費用も安いですし、何よりも貸し手との交渉は調停委員が間に入ってくれるのがメリットです。

Comments are closed.