調停以外の基本的な進め方

家庭裁判所では、調停以外の手続きを行うことも可能です。その中の一つが、子供の苗字の変更です。基本的に、子が生まれた時に父母が称していた氏が子の氏となっています。夫の氏を称していた夫婦が離婚し、妻が旧姓に戻ったという場合には、母親が子の親権者となったとしても子の氏は夫側の氏であり、母親と同じにはなりません。母親と同じ氏を名乗るためには、氏の変更を申し立てる審判手続を申し立てる必要があります。なお、子が15歳未満である場合は母が子の法定代理人として申し立てを行うことが出来ます。
申し立てに必要となる費用は、子1人につき収入印紙800円、連絡用の郵便切手となります。
申立書・申立添付書類が必要となります。ただし、審理ために必要な場合には追加の書類が必要となります。
無事、変更の許可が降りたら、市区町村役場に届出を行う必要があります。子の本籍もしくは届出人の住所地の役場に届出をすることになります。届出の際には、審判書謄本・戸籍謄本の提出が求めれる事があります。
再度父の氏に戻す場合には、新たに手続きを行うことが求められます。最初の手続きを行った時に子が未成年である場合には、子が成年に達し1年以内であれば市区町村役場に入籍の手続きを行うだけで完了となります。

Comments are closed.